六ヶ所村ペイフォワードPROJECTとは?
12月1日、長崎で映画「六ヶ所村ラプソディー」が上映されました。

この映画を見て、事実を知った一人の女性が、
「この事実を、この真実を伝えたい」
そう、熱く、堅く、決心しました。

そして、12月22日の冬至に向けて、有志が集まって1枚のチラシを作りました。
この再処理工場の稼働で起きること、もうすでに起こっていること。
テレビのニュースやメディアには流れてこない事実のこと。

それらを書いたチラシを、道行く人に配りました。

インターネットでも呼びかけて、このチラシを全国的に配りました

ですが・・・・

紙は、資源を使います。
紙は、木を使います。
何かいい案がないだろうか・・・

その後、彼女は、田中優さんの講演DVDを見ました。
「原子力エネルギーと別れ
豊かに暮らす仕組み作り」

この講演とともに伝えていきたい!

そして…彼女は、考えつきました。

その名も「六ヶ所村ペイフォワードPROJECT♪」

ネットを通じて、一人ひとりがさらに情報を伝えていく。
こうすれば、資源を有効に活用できる。
思いが思いを伝えていく。

六ヶ所村の本格稼働は2008年2月が予定されています。

それまでに、私たちができること。
それは、伝えていくことだと思います。

どんどん伝えていくこと!

お願いします。可能なかぎりどんどん次に伝えていってください。

←戻る
Copyright(c)2007 六ヶ所村ペイフォワードPROJECT 。 All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.
inserted by FC2 system